沖縄版青の洞窟は観光スポットとして人気

私が思う沖縄の青の洞窟の魅力

Google

実は、沖縄にもイタリアのカプリ島に負けないほど美しい「青の洞窟」があり、観光スポットとして人気です!

沖縄版青の洞窟は観光スポットとして人気

「青の洞窟」と聞くと、イタリアのカプリ島をイメージしますよね?

人生で一度は行ってみたい場所に挙げる人も多いですよね。

新婚旅行などでもイタリアの青の洞窟は大人気!

でも、日本でも青の洞窟を楽しめるって知っていましたか?

実は、日本にもイタリアに負けないぐらい美しい青の洞窟があるんです!

場所は沖縄。

沖縄と言うと日本でもっとも海が美しいリゾート地として有名ですよね。

真っ青で広い大きな海のイメージですが、沖縄本島恩納村真栄田岬にとても神秘的な青の洞窟があります。

では、ここでは沖縄の青の洞窟の特徴についてお伝えします。

沖縄の青の洞窟は、奥行きはおよそ30m。

イタリアのカプリ島の青の洞窟の奥行きはおよそ54メートルなので、少し小ぶりの青の洞窟になりますが、透明度や青の深さはイタリアのカプリ島の青の洞窟を凌ぐとも言われています。

もともと沖縄の青の洞窟は、恩納村の漁師たちを中心として「クマヤーガマ」と呼び、台風など漁中に災難に遭遇した際の避難場所として使われていました。

今では、沖縄の神秘的な観光スポットとして有名で、恩納村にはたくさんのダイビングショップがあり、青の洞窟を楽しみたい観光客でにぎわっています。

沖縄の青の洞窟は、季節や時間帯によって青さに違いが出てくるので、行くごとにまた違った美しさを体験できることでも人気です。

皆さんも沖縄に行く際には、ぜひ青の洞窟に行ってみてくださいね!

日本とは思えない、超神秘的な美しさを体験することができます。

◎参考リンク⇒スカイリーフダイバーズ


Copyright (C) www.shaktiinfotech.com. All Rights Reserved.